初めて知る!社員研修の特徴

社員研修が必要な理由を知ろう

新卒で会社に入るとまずは社員研修から始まります。零細企業の場合は研修に時間をかけている暇はないため、即現場にまわして先輩社員と一緒に行動し、そこから覚えて行く実践型の研修が一般的です。これに対してある程度社員がいる大きい会社では研修にかける予算がありますので、まずは座学から始めます。一通り座学が終了すれば、座学で覚えた知識を元に先輩社員と共に現場に出て実践を行います。 このようにわざわざ時間をかけて社員研修を行う理由は、学生から社会人になる時には環境面や考え方で大きな違いがあるからです。社員研修なしで即実践するのであれば、準備運動をせずにプールや海に飛び込むようなもので、新入社員のほとんどは3か月と持たずに辞めてしまうかもしれません。

Post Pic

具体的な研修の内容とは

では、具体的に研修はどのような内容のことをするのでしょうか。まず、座学では、社会人としての基本的なマナーを学びます。例えば、電話対応の仕方や挨拶の仕方、名刺の渡し方、報告書などの書類の書き方を学びます。また、講師が一方的に話すだけでなく、講師が問題を出して、その問題に対する答えをグループディスカッションというカタチで行うこともあります。ただ、これは一つ研修の例であって、職種によっては研修旅行があったり、討論会のようなことをすることもあります。 一方、現場に出る場合は業務の流れを学びますが、この場合は集団で行うのではなく1対1ないしは2対1という少人数のほうが都合がいいので、少人数で行っていきます。研修期間については会社によって異なりますが、おおよそ1か月から3か月の間続きます。